カテゴリー ニュース

リゾートを愛する者たち〜幸せリゾート空間®︎プロデュースのフルハウス株式会社

リゾートを愛する経営者達の会「resort lovers」の会をおせんで実施しました。

社名やミッションに「リゾート」というキーワードが共通で、海外(特にスローライフやスローフードを大切にするヨーロッパ)好きなメンバーです。

メンバーはセンスオブリゾートの林さん、ひょうたん姉妹リゾートCEOの三宅さん(途中で女将の智子さんも混じりました)、世界に羽ばたく美濃友禅®︎の河村尚江さん、そして幸せリゾート空間®︎の私たち夫婦という顔ぶれ。

私以外は全員女性❗️ですが、何せ普段から家族も女性ばかりに囲まれて暮らしているから、そういう星の元に生きているのかもしれませんね。笑

 

鏡面に木枠で作られた大皿に美しく盛り付けられたお料理は見るからに上品で、さりとて威張り過ぎず。そんな一品一品を箸でゆったりと運びながら、久々の赤ワインで喉の奥へと流し込む。

お互いのリゾート観やヨーロッパでのライフスタイル、それぞれの経験などなど語り合い、どこまでも話は尽きないままあっという間に時間は過ぎました。

良きかな、という時間は本当にあっという間ですね❗️

一点報告ですが、この場を借りて「幸せリゾート空間®︎」も登録商標を獲得しました。正確にはまだ申請中ですが、確定次第、改めてBlogで登録した経緯、これからの予定などを発表していきますね。

全国工務店協会の更新時期で新しい会員証も届きました。一年が早いです❗️

 

それでは画像をご覧ください。

 

経営理念と意思決定〜新築&リノベーションはフルハウス株式会社

株式会社長坂養蜂場さんが再オープンしたことを知り、久々に行ってきました、ブンブンランドへ。

専務にもお会いできて話もできたし、会うのを楽しみにしていたスタッフの黒ちゃんさんからは銀婚祝いまで頂いてしまいました。ありがとうございます。

大好きなソフトクリーム🍦は三密を防ぐために販売中止だけど、あったかいお店の雰囲気は変わらず。

専務の言葉、「売上は当然上げたいけれども、地元の方のことを考えると三密の原因になるソフトクリームの販売は中止せざるを得ない」という言葉は事業を営む者として、とても考えさせられます。

経営理念に照らして、国の非常事態宣言とは関係なく、独自の判断基準で速やかに意思決定できる会社を本当に素晴らしいと思いました。

地域に根差し理念経営を貫くお店の強さを実感しました‼️

ランチは豊橋の義姉に聞いた「クッチェッタ」に。湖を眼前に眺めながらの、とても素敵なオーベルジュでした。ペット連れて行けます。

午後からは「自宅deサロン®︎豊橋プロジェクト」のため義姉との打ち合わせで充実の1日を送らせていただきました‼️

長坂養蜂場

https://www.1183.co.jp/

クッチェッタ

https://cuccetta.com/rooms.html#seaside

 

今、私たちが持つべきマインドは何⁉️〜新築&リノベーションはフルハウス株式会社

‪J・Fケネディの有名なスピーチに
『Ask not what your country can do for you, Ask what YOU can do for your country(国が自分のために何をしてくれるかではなく、自分が国のために何ができるか考えよう!)』‬と言うのがあります。

‪COUNTRYをCLIENT(顧客)やCIRCUMSTANCES(周囲の状況)にしても同じ意味ですね❣️‬(洒落っ気を出してCくくりで考えてみた😊)。

大変な状況もあるかもしれないけれど、それを誰かの、あるいは何かのせいにしていても人生は決して好転しない。

つまり自立の精神が大切だと言いたいのです。‬

私の友人の女性経営者で、それぞれ飲食店と塾経営者の方がいます。いずれも今回のコロナ災禍で業務上直撃を受けました。

しかし彼女たちは、一切怯んでいない。

飲食店経営者のMさんは、コロナ感染騒ぎ以前から元々計画していたケータリングサービスをスタートさせ、粛々と打てる手を打ち続けています。

ポジティブな希望にあふれています。

塾経営者のAさんは、2日間、経営戦略を練った後、一切の補助金、助成金を申請することをせず、今あるお客様への対応、サービスに全精力をそそぎ込みました。その結果、すでにコロナ災禍以前の1月の状況まで売上を戻したそうです。

 

God helps those who help themselves.(天は自ら助るものを助く)と言います。

人のために、周囲のために、国のために、が結局自分に帰ってくる。

自助の精神ですね。

 

自立した個人がお互いを助け合おうとする想いと行動こそ、自分らしく生きるということの実践であり、周囲を幸せに巻き込んでいくパワーなのだと思います。

 

画像は高3になっても暇そうにしてる長女が祖母と一緒に作ったマスク。
「パパ400円ね❣️」と言われたけれどチェスで勝ったご褒美にしてもらった次第♟。

カラフルでマスクが歩いてるよう。もちろん凄く気に入りました😊

 

ヨーロッパ的ライススタイルの豊かさとは〜自宅サロン&アトリエのフルハウス株式会社

‪「お遊食おせん」さんが再開店した、というので久々にマルタ共和国から帰国しているオーナーの三宅さんと交流。

混雑を避けるためにオープンの15時に訪れると、まず感じたのは天空日射がカウンターに差し込む、ゆったりとした時間の流れ。
この感じ、イタリアでよく見た光景だな。

おばんざいを肴にワイングラスを傾ければ、そこには確かにイタリアのアペリティーボ(食前酒)、フランス語でいうアペリティフの文化を感じさせる、豊かなライフスタイルの端緒があった。

お金のことや人間関係等、様々な状況やコロナ災禍という環境に振り回され、干からびがちな日常生活の中での、ちょっとした潤いをもたらすひととき。

人生を「セラヴィ‼️」とか「ケ・セラ・セラ♫」とか言って、細かなことにクヨクヨしないメンタルを蘇生させる。

そんなひとときを自分の人生にプレゼントしてあげる、ということの大切さに気づかせてくれた時間だった。

建設現場・作業場における感染予防ガイドライン~新築・リノベーションはフルハウス株式会社

当社も加盟しているJBN(住宅生産団体連合会)より、住宅業界における感染予防ガイドラインが策定されましたので、blogで皆様にも共有します。

フルハウス株式会社としては下記ガイドラインはもとより、特に一般住宅のリノベーション工事現場における、クライアント様と職人さん・業者さんとの動線の交わりを極力排除する現場動線計画の実施に努めています。

 

建設現場・作業場における感染予防ガイドライン

①発熱、咳、喉頭痛、味覚・嗅覚障害異常等より新型コロナウイルス感染が疑われる症状がある建設職人は出勤せず自宅待機する。出勤後にこれら症状が現れた場合は、必要に応じて帰宅し自宅待機する

②自家用車利用等により通勤時の公共交通機関の混雑緩和を図る

③建設職人の現場への入退場及び検温結果を記録・保管する

④仮設水道を整備し、石鹸を設置する

⑤十分な喚起を行う

⑥安全帽や手袋等は共用せず、共同で使用する工具は消毒する

⑦原則としてマスク着用(屋外で十分な喚起を確保できる場合や相互に離れて作業を行う場合を除く)し、こまめに手洗いを行う。また、資材等搬入業者等に対しマスクの着用と手指の消毒を要請する

⑧工程確認等の打合せはできる限り電話、メール、オンラインで行い、対面での打ち合わせの回数と時間を極力少なくする

➈休憩時においても建設職人相互ができる限り2M(最低1M)の間隔を確保する

➉作業終了後は清掃し作業着はこまめに洗濯する。仮設トイレを設置している場合は作業終了時に清掃・消毒する

⑪現場検査等はできる限り立ち合い人数を少なくし、短時間で行う。

 

岐阜商工会議所会報誌にフルハウスの記事掲載頂きました❗️〜自宅サロン、アトリエはフルハウス株式会社

岐阜商工会議所会報誌2020年5月号「ヒットの兆し」という特集でフルハウス株式会社のことを記事にして頂きました。

インタビューでは、私の独立創業に至るまでと、創業してからの活動を語らせて頂きました。これは人生の棚卸しのようでもあります。

フルハウスがどんな人生観や価値観に支えられて、どのようなことをしているのか、をとてもわかりやすく整理して記事にして頂きました。

 

人生で残るのは得たものではなく、与えたものだ、と言います。

「〇〇に今、私ができる貢献は何か❓」

これを常に考えていきたいと思います。

貴重な機会をいただき感謝しています。ありがとうございます。

 

 

 

断熱力を上げ、健康に暮らすLDKを実現するリノベーションのプロジェクト③「リノベーション補助金を活用する」〜自宅サロン®︎&アトリエのフルハウス株式会社

断熱力を上げ、健康に暮らすLDKを実現するリノベーションのプロジェクト③「補助金を活用する」について書きます。

 

環境負荷の低減(省エネとクリーンエネルギー)と高齢者問題(それに付随して空き家対策)は社会的な課題であり、問題になっています。

そこで、環境省や経済産業省がそれぞれ断熱リノベーション」と「次世代建材活用」をクリアするリフォーム工事に補助金を出すようになりました。(≧∀≦)

戸建て住宅、集合住宅でそれぞれに個別条件がありますが、基本的に所有(予定)者が居住する目的の住宅のリフォーム工事に対して対応するものです。

断熱リフォーム⁉️や次世代建材⁉️と思われるかもしれませんが、平たくいうと、部屋の暑い、寒いを軽減し、快適な部屋にするためのリフォームです。

例えば、今回改修させていただくN様邸のように、LDKを快適にするために壁や床の張り替えついでに壁や床、天井の断熱を改善したり、窓に内窓つけて断熱効果を高めたり(インプラスと言います)、より性能の良い窓に交換したり。といった工事です。

基本的に、一定基準を満たす、断熱材、窓、ガラス、蓄熱設備 等の建材、設備の使用が対象となります。

 

補助金はもともと税金なので、税金をいただくにはそれなりのデータや資料に基づいて裏付けが取れるきちんとした書類の作成、提出が必要です。それも期限内に。それがなかなか大変なんですよね。

特に申請と提出のタイミングや工期、完了と完了報告のタイミングはとても重要で、1日ズレたらアウトです。

でも、リフォーム、リノベーションは一般的に安いものではありません。(お値打ちにはできますが。😉) ましてやデザインや機能など、自分の理想を追求すればするほど高額になっていくでしょう。せっかく政府がその補助をしれくれるのなら、賢い生活者としてぜひ活用するべきです❗️

 

フルハウス株式会社は、東海木造住宅センターの「増改築相談員」の一員として、もちろん相談に対応しますので、質問やご相談はお気軽にお申し出くださいね。

下記に公募概要を添付しますので、ご覧下さい。

 

『café Neoストーリー』ショートムービー

教師からカフェオーナーへ第二の人生へと舵を切ったお施主様をチームフルハウス一丸となって応援します❗️

自宅deサロン®︎ in 豊橋プロジェクトが始まります〜自宅サロン&アトリエならフルハウス株式会社

今回のコロナ災禍で被害に見舞われた方に、心からお悔やみ申し上げますとともに、一刻も早い収束をお祈り申し上げます。

 

自粛のここ数日の動きについて。

FacebookやSNSを通して皆さん自粛生活の中、それぞれの過ごし方を尽くしていますね。

私はお陰さまで4月29日に結婚25周年の銀婚を迎えました。どこにも行かず特別なこともしませんでしたが、家族揃っての夕食のひとときを過ごしました。海外にいる姉や妹もメッセンジャーで繋いで一緒に楽しめたことはインターネット環境のおかげです。

日頃大変お世話になっているI会長からお祝いでガーベラのお花をいただきました。画像もアップしますね。ありがとうございます❗️

ガーベラは別名「花車(ハナグルマ)」とも言い、代表的な花言葉は「希望、前向き、美しさ」。なんとも美しい響き。

この想いの恩送りはまたどこかで必ずします。

さて、嬉しかったのは、義兄姉が家(豊橋)の敷地に「ゆったり過ごせる空間を創りたい」ということで、現場調査がてら、久々に家族で訪問して楽しい幸せな時間を過ごせたこと。やはり家族みんなで交流するのって楽しい❗️

邸宅も感動しっぱなしなほど繊細かつ洗練された和の家で、心にも眼にも充実の1日でした。

帰りしな、鳳凰と赤富士がデザインの素敵な絵を貰いました。帰ってから額装してリビングに飾ってあります。ご利益ありそうですね🤗

ということで、義兄姉のための「自宅deサロン®︎ in豊橋プロジェクト」がまもなく始まることになります。

まずは彼らの夢と理想をしっかりとヒアリングすることからです。

追ってblogにアップしていきますね。

 

それでは画像をご覧ください。

断熱力を上げ、健康に暮らすLDKを実現するリノベーションのプロジェクト②「イメージパースの重要性」〜自宅サロン®︎&アトリエのフルハウス株式会社

「断熱力を上げ、健康に暮らすLDKを実現するリノベーションのプロジェクト」その②です。

 

今回はイメージパースの重要性について書きます。

今回、ビフォア&アフターをわかりやすく比較するため、これまでに伺ってきた、お施主様のイメージをパースにしてみました。

現状どうなっていて、それがどのように変化するかを見比べていただくと、やはりわかりやすいです。

新たに使う 設備や家具、窓など形状や位置や高さ、サイズ感を実際に見比べてもらうことで、変化した後のライフスタイルもよりイメージしやすくなります。

 

お施主様は、このパースを遠方に住む息子さんご夫婦にLINEで送って家庭内打ち合わせをしています。

これによって、将来このお家に住む可能性のある息子さんご夫婦(特にお嫁さん❗️)にとっても、あらかじめ自分達の希望も入れれますし、内容への理解もスムーズにできます。

昨日もお施主様からお電話で、お嫁さんから窓の形状やサイズ、食洗機の位置やサイズなど、色々とこのパースを元に話をしてるよ、凄く楽しみにしてるって言ってたよ!と伺いました。

今は遠方に住む家族とのコミュニケーションの良い機会にもなっているようで、私も嬉しいですね。

このイメージパースをベースにこれから打ち合わせを重ねて、さらにデザインや機能など細かく決定していきます。

 

それでは画像をご覧ください。

まずは現状のパースです。ビフォア画像

 

そしてアフター画像